ガジェットとカメラとランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことをつらつらと書き連ねます

都会で静寂を BOSE Quiet comfort 20 購入

東京で生活しているとノイズが無い場所を得ることは難しい。

 

集中したいときなど静かな環境に身を置きたいと思うがそれはなかなか難しいところ。

そんなときにノイズキャンセリング機能のイヤホンやヘッドホンが欲しくなる。

ノイズキャンセリングも色々使ってきた。一番キャンセリング効果が高いと思ったのはBOSEのQuiet Comfort 2

※リンクは最新型

 

BOSEノイズキャンセリングは無音のときの「サー」というノイズが他のものよりも少ないと感じている。静寂がほしいと思っている自分にはまさに一番良いものだった。

ただ、2年位使っていたところイヤークッションがぼろぼろになってきて、一度交換したけど頭頂部のところに当たる部分は交換できず困っていたのと、夏は蒸れるのでしんどくなってから利用しなくなってしまった。

それからノイズキャンセリング機能のあるヘッドホン/イヤホンは使っていなかったけれど通勤時間が延びて電車に乗る時間が増えたのでまた購入しようと調べていた。

条件としては、ヘッドホン型は夏に蒸れるのでイヤホン型を今回はチョイス。

そうなると、BOSEのQuiet Comfortのイヤホン型かな、と。

 

 特色としては、ヘッドホンから続く圧倒的なノイズキャンセリング性能。

プラスして、iphone対応していることもポイント高し。

一方、電池ボックスが外出しているので取り回しは正直よくないのだけど、欲しい理由の一番であるノイズキャンセリング機能をとり本製品を購入することにした。

 まずは外観から。

イヤーパットが個人的には秀逸。

イヤーウィングとパッドがしっかりと耳に装着されるのでしっかりとホールドされるのが好印象。イヤーパッドの形は個人差があるので合わないものは合わないので他の人の意見だけでなく自分に合うかどうかで選ぶべきですね。

次に気になっていた電池ボックス。

実物を見ると思ったほど大きくはない。これであればプレーヤーと一緒に持つことで気にはならなそう。ケーブルが長いので、プレーヤーと電池ボックスは一緒にポケットに入れるのが良さそうだ。

iphoneの4極に対応しているので電話も可能

ノイズキャンセリングは超優秀

今回の一番のポイントであるノイズキャンセリングの性能はさすがのBOSEクオリティ。無音でもホワイトノイズはほとんどない。ノイズキャンセリングを音にした瞬間、外界の喧騒がスーッと消えていくのは気持ちよい。これで電車の中やカフェでも集中することができそうだ。

いい相棒ができた!これから使い倒していきたいと思う。