ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

レンズ vol.2 m.zuiko 12-100 F4 を購入

マイクロフォーサーズのレンズを久々に購入

購入したのは、新製品の本レンズ。

F値はそれほど明るくないが、ズーム倍率が大きいのが特徴。

高倍率ズームのレンズは画質をある程度犠牲にしないといけないが、このレンズはサンプルやネットの評判を見る限り、とても高倍率ズームとは思えない素晴らしい描写。

www.olympus-imaging.jp

 

最近は単焦点レンズを好んで使ってきましたが子供がいるとどうしてももう少し大きく、もっと全体を撮りたい。というシチュエーションがありシャッターチャンスを逃すことも。

画質も重要だがシャッターチャンスを逃したら元も子もないなぁと悶々していたところでのこのレンズの発売。そのため、久々に新品のレンズを購入。

まずは外箱から

 

初のPROレンズ!!

箱を開けてみて、レンズのご登場!!

外観としては、細長い。このスペックなので仕方がないかもしれないけど全長が長いな。

伸ばすとここまで伸びる

※ここに伸ばした写真を入れる

 

レンズケースもしっかりとしたものが付属。さすがにPROレンズ。

E-M1につけて早速動かしてみる。

AFはすっと焦点が合う。このあたりは流石なところ。子供の動き回るのにもなんとか追いつくことはできそう。

MFへの変更はOLYMPUSの他のレンズにも搭載されている「マニュアルフォーカスクラッチ機構」によってすぐに変えられるのは便利なところ。

ただし気づかないうちにMFになっていることもあるので気をつける必要はある。

 

画質は開放からきっれきれな描写。このキレの良さはカミソリのようなシャープさ。

人物を撮るにはシャープすぎるかもしれないけど、もの撮りには良いレンズ。

 

 

これまでマイクロフォーサーズ単焦点中心で利用していたけど、このズームレンズで標準域はほぼカバーできるし、いいレンズだ。

マイクロフォーサーズにしては重いので、ちょっとした散歩で荷物を軽くしたいときは単焦点のレンズ、旅行のときなど画質・チャンスを逃したくないときはこのレンズをつけるなどメリハリを付けて楽しめそうだ。

追伸:「カメラグランプリ2017」でオリンパス3冠!!このレンズも受賞しました。

www.olympus.co.jp