ガジェットとカメラとランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことをつらつらと書き連ねます

東京マラソン2017レース当日 記録は・・・?

東京マラソン当日レポート

 

当日は5時起床。

まだ2月のため起きたときは寒い・・・

嫁と子供を起こさないように着替えをいそいそと実施。

 

6時に自宅を出発。

朝の電車は人が少ないがスポーツウェア姿の方々の比率が多い。この人達みんな東京マラソンに参加するんだろうな。目があった人とは言葉には出さないけれど「お互い頑張りましょう!」と目だけで会話する。目的が一緒の人との間だけに通じる高揚感を感じながら新宿まで移動。

 

新宿駅のターミナルはランニング姿の人々でいっぱい。

f:id:kossie0o0:20170327002119j:plain

自身の中で高揚感が高まっていくのを感じる。

トイレなど準備を行い出走を待つ。

f:id:kossie0o0:20170327002143j:plain

今回は足裏に貼れるカイロを導入。ウェア姿になったあとも足元だけ暖かくかなりかなり快適であった。今後の大会でも導入しようと思った点。

出生直前

 f:id:kossie0o0:20170226083748j:plain

小池知事の号砲でスタート

小池知事

f:id:kossie0o0:20170226091754j:plain

スタートしてみると、大会の高揚感も手伝い前日の腰の痛みは感じずに走れる。

はじめの5キロは時計では手元の時計で30分弱。キロ5分40秒くらい。サブ4ペースで入ることができた。

5キロあたりから腰の張りを感じはじめる。いままでこんな最初から張りを感じることはなかったので完走できるのか心配になる。

10キロは57分ちょっと。このペースだとサブ4はぎりぎり。ペースを上げたいと焦るが腰の張りも気になってむやみに上げられない。焦るけれどペースは維持。これが結果的には良かったのかもしれない。

 

ハーフは1時間53分。それほどペースを上げていないのにサブ4可能なペースを維持。腰の張りは相変わらずだけど足はつかれていない。このあたりでいけるかも。と思い始める。

f:id:kossie0o0:20170226104143j:plain

途中の浅草寺の前。沿道の応援には元気になる

f:id:kossie0o0:20170226104150j:plain

スカイツリーも見えた

30キロ。いつもこのあたりで足が止まり急ブレーキがかかる個人的に最も辛く、かつ、厳しいところ。タイムは2時間47分。足もこれまでのように止まるような気配もなくこれはサブ4が現実的に見えてきた。と思った瞬間。けど油断は禁物。ペースを一定に保つことを意識する

f:id:kossie0o0:20170226115724j:plain

日本橋。東京のど真ん中を走ることができるのは東京マラソンの大きな魅力。

35キロ付近。日比谷公園の前で靴ひもがほどけてしまい、結ぼうとしてかがめたところ腰に激痛が走る。ここまできて不用意に腰をかがめてしまったのは失敗。

でもここまで来たら気力で走りきろうと最後の力を振り絞る。

丸の内の最後の石畳のところはラストスパート。沿道の人垣はすごかったが余裕はまったくなく一心不乱に足をすすめるのみ。グロスでサブ4を切れるかも。と最後の力を振り絞る。

結果は、グロスでブ4時間1分1秒。ネットで3時間53分。念願のサブ4を達成!

f:id:kossie0o0:20170226131148j:plain

ゴール直後の。達成感で満たされているところ

ゴールしたあとのボランティアの方々からの「おつかれさまでした」コールでゴールした実感を噛みしめる。

大会運営・ボランティアの方々にはほんとうに感謝。ただひとつだけ。。。

ゴール後は日比谷公園まで1キロ近くを歩くことに。疲れた身体でこれはきつかった。

当日は比較的暖かったが雨が降っていたかと思うと(去年のかすみがうらマラソン)、アルミシートはもらったけれど。。。ほんと、雨振らなくてよかったと思いましたよ

f:id:kossie0o0:20170226134042j:plain

もらったアルミシートが身体を冷えなくしてくれた

f:id:kossie0o0:20170226144524j:plain

着替えして足湯があったので足を温める。

6年ぶりとなりましたが、一番変化を感じたところは海外ランナーの増加。沿道からは中国語やフランス語、英語などいろいろな国の言葉を聴くことになり国際色豊かになったと感じました。フィニッシュ後もいっぱいいたし。

スタートまでのスムーズさやボランティアの方々の多さ、給食の配給の工夫(6年前はバナナが変色していたり)をされていて回を重ねた歴史を感じることができました。

変わらないところは沿道の人の暖かい応援。今回はコースが変わって35キロ過ぎから橋の上を孤独に走ることはなくなりつねに沿道の方から声援を受けることができ力になッタと思います。橋を登っているところでロッキーのテーマを聴くのも良かったけどw

走り終わるとまた次に走りたい!そう思える良い大会だと思います。

次はサブ3.5かなぁ。そこまでは到達したいと思います!!

f:id:kossie0o0:20170327010327p:plain

最後にタイム