ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

東京マラソン2017レース当日 記録は・・・?

東京マラソン当日レポート

 

当日は5時起床。

まだ2月のため起きたときは寒い・・・

嫁と子供を起こさないように着替えをいそいそと実施。

 

6時に自宅を出発。

朝の電車は人が少ないがスポーツウェア姿の方々の比率が多い。この人達みんな東京マラソンに参加するんだろうな。目があった人とは言葉には出さないけれど「お互い頑張りましょう!」と目だけで会話する。目的が一緒の人との間だけに通じる高揚感を感じながら新宿まで移動。

 

新宿駅のターミナルはランニング姿の人々でいっぱい。

f:id:kossie0o0:20170327002119j:plain

自身の中で高揚感が高まっていくのを感じる。

トイレなど準備を行い出走を待つ。

f:id:kossie0o0:20170327002143j:plain

今回は足裏に貼れるカイロを導入。ウェア姿になったあとも足元だけ暖かくかなりかなり快適であった。今後の大会でも導入しようと思った点。

出生直前

 f:id:kossie0o0:20170226083748j:plain

小池知事の号砲でスタート

小池知事

f:id:kossie0o0:20170226091754j:plain

スタートしてみると、大会の高揚感も手伝い前日の腰の痛みは感じずに走れる。

はじめの5キロは時計では手元の時計で30分弱。キロ5分40秒くらい。サブ4ペースで入ることができた。

5キロあたりから腰の張りを感じはじめる。いままでこんな最初から張りを感じることはなかったので完走できるのか心配になる。

10キロは57分ちょっと。このペースだとサブ4はぎりぎり。ペースを上げたいと焦るが腰の張りも気になってむやみに上げられない。焦るけれどペースは維持。これが結果的には良かったのかもしれない。

 

ハーフは1時間53分。それほどペースを上げていないのにサブ4可能なペースを維持。腰の張りは相変わらずだけど足はつかれていない。このあたりでいけるかも。と思い始める。

f:id:kossie0o0:20170226104143j:plain

途中の浅草寺の前。沿道の応援には元気になる

f:id:kossie0o0:20170226104150j:plain

スカイツリーも見えた

30キロ。いつもこのあたりで足が止まり急ブレーキがかかる個人的に最も辛く、かつ、厳しいところ。タイムは2時間47分。足もこれまでのように止まるような気配もなくこれはサブ4が現実的に見えてきた。と思った瞬間。けど油断は禁物。ペースを一定に保つことを意識する

f:id:kossie0o0:20170226115724j:plain

日本橋。東京のど真ん中を走ることができるのは東京マラソンの大きな魅力。

35キロ付近。日比谷公園の前で靴ひもがほどけてしまい、結ぼうとしてかがめたところ腰に激痛が走る。ここまできて不用意に腰をかがめてしまったのは失敗。

でもここまで来たら気力で走りきろうと最後の力を振り絞る。

丸の内の最後の石畳のところはラストスパート。沿道の人垣はすごかったが余裕はまったくなく一心不乱に足をすすめるのみ。グロスでサブ4を切れるかも。と最後の力を振り絞る。

結果は、グロスでブ4時間1分1秒。ネットで3時間53分。念願のサブ4を達成!

f:id:kossie0o0:20170226131148j:plain

ゴール直後の。達成感で満たされているところ

ゴールしたあとのボランティアの方々からの「おつかれさまでした」コールでゴールした実感を噛みしめる。

大会運営・ボランティアの方々にはほんとうに感謝。ただひとつだけ。。。

ゴール後は日比谷公園まで1キロ近くを歩くことに。疲れた身体でこれはきつかった。

当日は比較的暖かったが雨が降っていたかと思うと(去年のかすみがうらマラソン)、アルミシートはもらったけれど。。。ほんと、雨振らなくてよかったと思いましたよ

f:id:kossie0o0:20170226134042j:plain

もらったアルミシートが身体を冷えなくしてくれた

f:id:kossie0o0:20170226144524j:plain

着替えして足湯があったので足を温める。

6年ぶりとなりましたが、一番変化を感じたところは海外ランナーの増加。沿道からは中国語やフランス語、英語などいろいろな国の言葉を聴くことになり国際色豊かになったと感じました。フィニッシュ後もいっぱいいたし。

スタートまでのスムーズさやボランティアの方々の多さ、給食の配給の工夫(6年前はバナナが変色していたり)をされていて回を重ねた歴史を感じることができました。

変わらないところは沿道の人の暖かい応援。今回はコースが変わって35キロ過ぎから橋の上を孤独に走ることはなくなりつねに沿道の方から声援を受けることができ力になッタと思います。橋を登っているところでロッキーのテーマを聴くのも良かったけどw

走り終わるとまた次に走りたい!そう思える良い大会だと思います。

次はサブ3.5かなぁ。そこまでは到達したいと思います!!

f:id:kossie0o0:20170327010327p:plain

最後にタイム

 

東京マラソン2017前夜祭  6年前の思い出も添えて

ランニングが好きなkossie0o0です。

 

先日東京マラソン2017を走ってきました。

ランニングが趣味になっている私もスタートは2011年の東京マラソンに当選したのがきっかけ。

せっかく走るならリアイアせずに走りきりたいと思い週末に練習をして初マラソン大会に参加。

ペースもわからずにはじめから飛ばしてハーフで1時間45分で通過。

お、このペースだと初マラソンでサブ4できるんじゃね?と邪な考えを持ったのが行けなかったのか、25キロで失速。そのままなんとか走ったけど最後の橋のアップダウンで心が砕ける。それからは歩いたり走ったりを繰り返す。体中が痛くとくに着地のたびに足裏に激痛が走りリタイアしようかな。。。と思うこと数十回。

 

ここが東京マラソンのいいところだと思うが、心が萎えそうになるたびにボランティアの人や沿道からの「頑張って!!」の声に奮い立たされなんとか完走することができた。

完走したときの達成感を味わってしまったため、マラソンの魅力に取り憑かれてしまい以降毎年フルマラソンを走るようになってしまった自分。東京マラソンじゃなければらニングを趣味にすることもなかったかなぁと思うと自分にとって東京マラソンは特別な大会。

それから機会がなかったけど今回久々に当選!(どうも忙しいときに当選するようだ。前回は中国で当選のメールを見たし)

 

公私ともに忙しい時期だが、年明けからは月刊100キロを目標に練習を行う。

2月は夜中の2時に帰宅してから走ったりしたのもご愛嬌

東京マラソンは前日までに東京マラソンEXPOで申込みをする必要あり。今回は息子(2歳)もつれてEXPOに参加。息子はボランティアの人に声かけられて恥ずかしいポーズをしてほっこりオーラを周りに提供。

EXPO自体にはあまり興味がないらしく反応があまりなかった。ちょっと残念。。。

 

前日は持参するものの準備。

今回の補給食は以下。途中ガス欠になってしまうので補給食は必須。甘ったるいものだと食べるのに辛いので梅味にしてみました。

ようかんは好きなので必ず持参してます

 

前日はパスタを食べて準備も完了。

いざ当日の出走へ!! 続く

IRKitとIFTTTを連携してエアコンをつけてみる

ガジェット好きなkossie0o0です。

去年からIoTという言葉が市民権を得てきている。

でもじゃあ何ができるのよ。ということで自分で実際に試してみようと思う。

ターゲットはIRKit。

 

これは、WiFi機能の付いたオープンソースな赤外線リモコンデバイス。学習リモコンのように自宅にあるリモコン信号を覚えさせることができる。

特徴はAPIが用意されていることで、APIを叩くことで赤外線信号を飛ばすことができる。

APIが提供されているので外部のサービスとの連携も容易にできるのがポイントかな。

 

IRKit - Open Source WiFi Connected Infrared Remote Controller

 

今回はIFTTTと連携をさせて任意の時間でエアコンを動かせるようにしようと思う。

エアコンを動かす理由

朝ランニングをしたいがなかなか起きれない。原因は寒くて布団から出れないこと。起床前にエアコンを着けることで解決できないかと期待。

タイマーでONにするのもいいが、忘れてしまうことも多いので、毎日同じ時間に起動できるようにしようと思う。

IFTTTとは

 

ifttt.com

まずはIRKitでエアコン信号を調べる。

GET /messages
公式ページにあるように以下のコマンドを叩くと最も新しい受信した赤外線信号を返す。

% curl -i "http://192.168.1.10/messages" -H "X-Requested-With: curl"
HTTP/1.0 200 OK
Access-Control-Allow-Origin: *
Server: IRKit/3.0.0.0.g85190b1
Content-Type: text/plain {"format":"raw","freq":38,"data":[18031,8755,...]}

このJSON部分をメモっておく。

次にインターネット上からIRKitを操作させるため情報を取得する

POST /keysとPOST /1/keys
まずはclienttoken を取得します。 clienttoken を IRKit Internet HTTP API の POST /1/keys へのリクエストすることで、 clientkey, deviceid を取得する。

clientkey, deviceid が外部から赤外線通信をするためには必要となる。


% curl -i "http://192.168.1.10/keys" -d '' -H "X-Requested-With: curl" HTTP/1.0 200 OK Access-Control-Allow-Origin: * Server: IRKit/3.0.0.0.g85190b1 Content-Type: text/plain {"clienttoken":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"} % curl -i -d "clienttoken=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx" "https://api.getirkit.com/1/keys" HTTP/1.1 200 OK Server: openresty Date: Thu, 05 Jan 2017 13:39:13 GMT Content-Type: application/json; charset=utf-8 Content-Length: 94 Connection: keep-alive Access-Control-Allow-Origin: * Access-Control-Allow-Headers: X-Requested-With X-Content-Type-Options: nosniff {"deviceid":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx","clientkey":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"}

取得したclientkey, deviceidと赤外線信号を使って次にIFTTTに設定する

 まずはIFTTTのページでNewAppletを押下する。

f:id:kossie0o0:20170108221817j:plain

 つぎにトリガーを指定。今回は時間指定なのでDate & Timeを選択して時間を指定する。

f:id:kossie0o0:20170108224517j:plain

 

f:id:kossie0o0:20170108224637j:plain

次にアクションを指定する。今回はIRKitを外部から動かすためにMakerChannelを選択する

MakerChannelとは

IFTTTが提供してくれた、自分で作ったハードウェアをIFTTTにつなげるためのものである。トリガーとして自分のハードウェアからメッセージを飛ばしたり、サービスの受け手として自分のハードウェアが受けることができるようになるものである。

今回は受け手側として、MakerChannelを利用する。受け手側の場合、URLとパラメータを送ることができる。

f:id:kossie0o0:20170108224828j:plain

IRKitでは、Internet HTTP APIを用意してくれているので、MakerChannelからリクエストするように設定する。f:id:kossie0o0:20170108225948j:plain

先程取得したclientkey, deviceidと赤外線信号をBodyに入れて設定してあげれば良い。

設定が完了すると・・・おお、エアコンが付いた!!

これでQoLが少し向上したかな。

 

 

 

 

めんどくさい作業から解放 X-CAP2 レンズキャップ

写真取るのが好きなkossie0o0です。

 

OlympusAirを手に入れてから数日だけど、写真を撮る機会が増えたように感じる。

思い立ったときにさっと写真を取れるのがこのカメラの良いところ。

気軽に取れるので、気になってくるのがレンズキャップを外す動作。一眼カメラを使うときにはキャップを外したらそのまま移動するので気にならなかったが、Airの場合だと普段はバッグに入れていて撮りたいものがあったら取り出してパシャッとする。

バッグに入れているので、キャップをしないのはレンズに傷がつく気がしていやである。一方撮影しようと思っているときのキャップを外す数ステップは非常にストレスになってきた。(外したキャップの所在もストレス)

そこで解決策はないかと調べてみたところ良い商品が見つかった。

 

このX-CAP2。フィルタースレッドにねじ込んでレンズの先端につける。撮影するときはレンズキャップを前に引き出すことで、パカっと開くという仕掛け。

 動画を取ったので貼っておく

www.youtube.com

キャップを外すステップよりはすぐに撮影に入ることができ、なにより外したキャップをどうしようかと考えなくてもすむところが気に入ったところ。

少しの工夫なんだけど、写真を撮るリズムを崩さないという点が非常によい。これで写真を撮ることが増えていくかなぁ。と期待しているところである。

 

普段使いのカメラバッグ vol.1 クランプラー The Mild Enthusiast (M)

カメラバッグ自体購入したのはかなり前ですが改めてブログに書くことに。

写真を取るのが好きなkossie0o0です。

今年の目標は毎日写真を撮ること。

写真を撮るにはカメラを常に持ち歩くことが大切。

いまのカメラはE-M1と12-100mmf4.0であるので、そこそこ嵩張る。

それらをきれいに持ち歩けるバッグがないかと色々物色をしていたところクランプラー銀座が閉店するということでカメラバッグが半額になっていた。

ランプラーのバッグが半額となると人使ってみるかと思い、最小限の機材を持ち運ぶことができるThe Mild Enthusiast (M)を購入すること。

 定価15,120のところ、半額により7,560で購入することができた。

f:id:kossie0o0:20161124080252j:plain

作りはさすがのクランプラー。非常に質感がよい。

あわせて、E-M1と12‐100mmを入れるとちょうどよい。プラスレンズ1本を入れることができるので街歩きには最適では内科と思う。

 

とりあえず、これで通勤時にカメラを持ち運ぶことができ撮影機会が増えることを期待するです。