ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

DIY日誌 ディアウォールでストライダーを壁掛けする

子供が3歳になり、ストライダーをおじいちゃんからプレゼントされた。

ただ我が家(賃貸)は玄関が狭いのでそのまま地面に置くと毎日の外出がかなり不便

  ネットで色々調べてみると、壁掛けをしているお家があるようだけど、我が家は賃貸。。。 穴開けると退去時に大変なので穴を空けないでもすむ方法を更に調べる。

するとディアウォールというもので壁掛けをしているお家を発見した。

ディアウォールとは、2×4(ツーバイフォー)材を用いて壁掛けを行う方法。

kinarino.jp

購入するのは、2×4(ツーバイフォー)材と天井と床で固定する器具。

どちらもリーズナブルに購入できるのでDIYしてみるのもいいな、と思い早速実行に移す。

木材は近所のホームセンターで購入。 うちの場合、2440mmだと少し足らず、いきなり値段が上がったけれどしかたないか。 予め計測した寸法でホームセンターでカットしてもらってお持ち帰り。

購入したディアウォールはこちら。

届いた商品はこちら。

さて、取付時に気になった点をいかに。

  • 設置方法が、天井に押し付けたところを基点として2×4材の下をスライドさせて固定する。なので微調整がしにくいと感じた。かつ、スライドするときに壁に傷がつく可能性がある。我が家の場合、床のほうが傷がつきにくい素材なので、まずは天井の固定位置は決め、斜めの状態から徐々に床側を動かしていった。
  • プレートが付属していて微調整はそれを使って実施。1枚2っmだけど一枚入れるだけでもかなり変わる
  • 木材は記載している寸法(45mm)だと少し足らないのでプラスしたほうがいいかも。私は40mmで付属のプレート1枚でぴったりでした。 注:私の環境です。あくまで参考情報としてくださいね。

最後に壁掛けをするためのフックを付けて完成。

完成状態はこちら。強度はかなりのもので目的であったストライダーを引っ掛けてもびくともしない。

木材をホームセンターでカットしてもらえば、あとはプラスドライバー一つでOKなのでDIY初心者でも問題なく作成することができると思います。

Let’s DIY!!

Google日本語入力がiOSでも!! GBoard

ふとネットを見ていたらなんとGoogle日本語入力iOSでもできるようになったとか!?

netafull.net

AndroidMacでは愛用しているGoogle日本語入力が使えるようになったなら、と早速インストールを実施

設定画面で言語(日本語)を選択して、辞書をダウンロードすると利用できるようになる。 最初辞書をダウンロードせずに変換できねーじゃん!!と思ったのはないしょ。

設定画面でキーボードを追加する。 QWERTYキーボードはTextExpanderを使っているので、フリックのみ入力のときに利用。

メモアプリで早速使ってみる。 iOS標準じゃ変換されない、iPhoneも変換された!!

このキーボードのポイントはキーボード上部にあるGマーク

ここをクリックして検索文字を入れると、GoogleYoutubeやGoogleMapで検索ができる。

こちらはGoogle検索

こっちはGoogleMap

Youtube

貼り付けるとこんな感じに。

検索した結果は、そのまま登録することができるので、いちいちアプリを切り替えて、コピー&ペーストしなくてすむのはすごく便利と感じた。

最初のバージョンでこの完成度、この先が非常に楽しみになるアプリでした。

PaaGo WORKS フォーカス

カメラバッグが大好きなkossie0o0です。

今回はカメラバッグ第2段である。

前回のカメラバッグは肩にかけるバッグのため、他のバッグ(特にバックパック)と併用しようとするのが難しい。

バックパックとともに利用できるバッグが欲しく以下の商品を購入した。

PaaGo WORKS CB03

PaaGo WORKS CB03 フォーカス ブラック

PaaGo WORKS CB03 フォーカス ブラック

外観のとおり、このバッグはアウトドアで利用することを想定されてる。

本体はPVCコーティングを施した防水性の高いナイロンを使用しており雨に強い。

カメラもEOS7Dクラスの中型カメラを収納することが可能とのこと。私が利用しようとしているカメラはE−M1なので十分収納できるかと。

特徴的なのは、バックパックに付属のアタッチメントをつけることでチェストバッグにすることができること。

これによって身体への付加を分散させることができるというのが売りのようだ。

早速試してみることにする。

E-M1+12-100mmを入れたのがこんな感じ。画像では十分余裕があるようにみえるけど、バッテリーグリップを付けるとかなりきつい(というかしまらない)

インナーバッグは着脱式でできる。クッション機能があるので外した状態で他のバッグに入れれば簡易的なケースとなりそう

インナーバッグを外すと、本体はフラットになって持ち運びが容易になる。 使わないときは他のバッグに入れてもいいかもね。

付属のショルダーベルトを使うことで、単体でショルダーバッグとしても利用することができるのも良いところかと思う。

まだまだ使い始めなので、使い込んだらまた変わるかもしれないけれど第一印象はよいものだと思いました。 使い込んでからまたレビューしたいと思います。

片耳Bluetoothイヤホン ENACFIRE CF-8002

通勤などの移動時に語学学習のため英語コンテンツを聞いている管理人。 通勤列車はギュウギュウではないけれど、それなりに混雑するのでワイヤードだと他の人に引っかかったりとして不便なときがある、かつ、音楽を聞くわけではないので音質はそこまで求めていないのでBluetoothイヤホンから選択することに。
かつ、車内アナウンスや歩いているときに外部の音が聞こえるほうがいいので片耳タイプが良いと判断し、以下の製品を購入した。

特徴は以下の通り * 本体重量4グラム * 連続6時間再生 類似商品だと大体3時間程度 * 前商品(CF8002)専用イヤーピースから一般的なカナル型のイヤーピースに変更

外観は高級感のあるパッケージング。この値段でこの質感は素直だと値段の高い国内製品は競争きびしいな、と素直に思う。

本体。ボタンひとつのシンプルな構造。左右対称なつくりのためどちらの耳にも合わせることができるので、片方の耳で聞き疲れたとおもったら逆の耳につけることも容易。

耳に装着して首を振ったりしても落ちる心配がない。理由は、重量自体が軽いためであろう。 移動のときだけ使おうと思ったけど、ランニングにも使えそうで良い驚き。

大きさを1円玉と比較。ほぼ一緒。。。

充電はマグネット式のUSB接続タイプ。

普段充電器につけっぱなしにしておいて帰宅時にイヤホンを近づけるとパチンとくっついて充電されるのは便利

あと前に利用していたイヤホンだとボタンを押したときに電話がリダイレクトされたりもあったけど、本製品は(構成がシンプルなのもあるけど)

ここからはいまいちなポイント

音声が少し遅れる

音質はそれなり

語学学習のためのイヤホンとしては、求めていたものを十分満たしておりかなり満足の製品。

あとは耐久性がどの程度あるかだけど、買って1週間で洗濯機で洗ってしまったためリピート購入することに。

はっ!!なくしやすいのが一番のポイントかもしれない。。。

NINTENDO SWITCH 買えたぞ! 本体レビュー

スプラトゥーン2が出てから品薄が続いているNitendoSwitch 自分はそのちょっと前に購入することができたんだけど、ブログに書くのが遅れてしまった。

本体は買っていたけど、プロコンを買ってなかったがスプラトゥーン2でプロコン品薄になったのはびっくりしたところ。

遅ればせながらレビューをしてみる

まずは外箱から

買ったのはJoy-Con(L) ネオンブルー/ ネオンレッド版 カラフルなジョイコンのほうがポップな感じでSwitchにはあっているかな。

次に梱包

Apple製品がそのはしりだと思うけど、シンプルなパッケージなのはSwitchも一緒。

次に本体

液晶にライトが写り込んでいるけど、ジョイコン付きで撮影。 液晶サイズは6.2インチなので、少し小さいタブレットという感じ。

次はジョイコンのコントローラー形態

PS3のような普通にゲームするならこのスタイルが一番しっくりくる。

次はドッグ。これに本体をセットすることでテレビと接続してテレビモードになる。 テレビモードは、普通のコンソール機と同じ操作性。よくよく考えると本体の小ささにすべてが入っていると思うと技術が進むというのはすごいものだと思う

ドッグを開けると非常に簡素なもの。端子はACアダプターとUSB-C、HDMIのみの構成。これならもっと小さくもできるのではと思っていたらやっぱり出ていた。 ちなみに最近はニッチな商品はKickStarterなどのクラウドファンディングに出ることが多いな。

www.kickstarter.com

まだゲームをやったのはスプラトゥーン2のみだけど、いままでは異なるコンソール機としてどのような使い方ができるか楽しいゲーム機というのが第一印象かな。