ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

グーグルフォト バックアップにおすすめ プライムフォトと比較して

写真大好き管理人です。

以前に写真のバックアップとしてプライムフォトを使い始めた記事を書いた。

kossie0o0.hatenablog.com

グーグルでも写真のバックアップをできるサービスとして有名なグーグルフォトがある

photos.google.com

2015年5月にサービスが開始されたサービス。 写真や動画のバックアップにおける保存タイプは「高品質」または「元のサイズ」から選択。 「高品質」は無料で容量無制限でバックアップができる。ただし写真は1600万画素まで、動画は1080Pまでと制限されている。 サイズを超える場合は縮小されて保存されるので高画素な写真だと完全なバックアップとはいかないのがプライムフォトと違うところ。

以下にプライムフォトと比較してみた。

サービス グーグルフォト プライムフォト
無料保存容量(写真) △ 1600万画素まで Raw不可 ○ 制限なし Raw可
無料保存容量(動画) 1080pまで 有料 AmazonDriveを消費
写真の閲覧 - 差なし - 差なし
自動アップロード - ともにアプリあり - ともにアプリあり
アップロード後の自動削除 ○ 設定で可能 × 手動で削除する
写真の検索 ○ 様々な検索が可能 △ 一般的な検索
アシスタント機能 ○ 様々な分類機能あり × なし
  • 写真の検索機能
    検索機能が優秀なのはさすがグーグル。 場所・物・人物ごとに分類された形で一覧表示することが可能。
    場所は、位置情報をもとに自動で分類されて表示、物は「飛行機」「動物園」「ワイン」など被写体ごとに機械学習を利用して自動分類される。
    人物は、顔認識機能で人物ごとにこれも自動で整理される。この分類はかなり優秀で息子は産まれてから3歳になった現在までかなり変化しているが一人の人物として表示されるところはびっくりなところ。
    キーワード検索もかなりの精度で検索される。「赤ちゃん」と検索すれば乳幼児の写真が表示されるところはさすがといったところ。

  • アシスタント機能(写真の分類機能)
    アシスタント機能も優秀。被写体や日付、位置情報などからGoogleが関連性を判断し、アルバムなどにまとめていく。
    この「自動」がかなりポイントで、かなりの精度で整理してくれるので、自分でも新たな発見ができて非常に楽しい。
    「この日の思い出」は旅行や日常の写真が思いがけずピックアップされ、懐かしい気持ちを得ることができます。Facebookの○○年前の写真と同じですね。
    以下アシスタント機能をピックアップ

    1. ストーリー:旅行時などに撮影した写真・動画を紙芝居のように場所と時系列で整理してくれる。
    2. アニメーション:アニメーションGIF画像を作成
    3. コラージュ:複数枚の写真を組み合わせてコラージュ画像を作成
    4. この日の思い出:過去の同じ日の写真を自動でピックアップ

まとめると、写真の完全なバックアップをするならプライムフォトだが、写真を見る楽しむということならグーグルフォトかなと思う。 検索機能の充実が一番のポイントでその他アシスタント機能も優秀で、AIファーストを掲げた今、新たな機能が拡充されることも期待できる。

scrum.vc

実際にスマホの写真をバックアップするなら1600万画素までで十分。

ということでサービスの方向性が異なるので私は両方使っていこうと思う。
このまま切磋琢磨して双方ともに良いサービスになっていってもらいたいなぁと思う。

ルンバの次はブラーバ

お掃除だいすき管理人です。

さて、数年前に子どもが産まれてから家のホコリを気にするようになってきました。

子どもがアトピー持ちなため特にホコリにはかなり気を使うように。

共働きをしているので、平日はどうしても掃除が行き届かず。妻の復帰を期にルンバを買ってフル活用してました。

快適に利用はしていたのですが、最近はフローリングがベタベタするのが気になり始めてきた。 子どもも3歳となったので、色々動き回ったりものをこぼしたりするのでなおさら。 家は子どものアトピーのため、フローリング主体であるため、ルンバと併用してブラーバを導入することでさらにきれいな状態を保てるのではないかと思い購入することに。

モデルは371jと380jの2つがある。違いは以下の通り。

モデル名 370j 380j
値段 安い 高い
充電時間 4時間 2時間(急速充電スタンド)
交換クロスの枚数 ドライクロス×2 ウェットクロス×4 ドライクロス ウェットクロス

大きなところは急速充電できるスタンドの有無とクロスの有無。 急速充電だと4時間かかる時間が2時間に短縮できるとのことだが、正直急速充電する必要は感じないので実用的なクロスがついていて、かつ、値段がお安い371jを選択することに。

【国内正規品】 iRobot 床拭きロボット ブラーバ 371j ホワイト

【国内正規品】 iRobot 床拭きロボット ブラーバ 371j ホワイト

ブラーバの付属品。モップやドライ・ウェットクロスがついてきた。

メインは水拭きを考えているが、別途クイックルワイパーを使う予定なので利用はせずに物置へ。

本体とNorthStar。本体はルンバに比べるとかなりコンパクト、かつ、軽量。ダストボックスとブラシなどの駆動部分が少ないので当然なのだけどルンバを見慣れている自分にとってはかなり新鮮。

正面からの写真。立てかけることができる。収納時にスペースを取らないのはルンバに比べて良い点。

裏側からの写真。充電スタンドがついていないので充電は直接本体に差し込む形になる。地味にめんどいなぁ。と思うが慣れの問題のところもあるかな。

これがブラーバの特徴であるNorthStar。ルンバはランダムに掃除をしていき何度も通ることでゴミを取る確率を上げているが、ブラーバは「iAdapt2.0 キューブナビゲーション」を搭載しており部屋の形状を把握しながら掃除をしていく。そのため、同じところを何度も通ることは見ていてもかなり少なかった。 さらにNorthStarを設置することで、より正確に把握することができるということだった。 私が利用したところあまり違いはわからなかったが、自宅で一度に掃除させる面積が小さいからかも。

動作の様子はこんな感じ。

使ってみての第一印象は、フローリングがサラサラしてきもちいい! クイックルワイパーを使っているのが理由かもしれないけれど、足の裏がサラサラな状態になった。 ロボットだから力があまり入れられないかも。と思っていたがいい意味で裏切られて満足感が高い。

ルンバと両方使っている点でみると、ルンバよりもいいと思った点は、動作音が小さいこと。 ルンバはブラシでホコリを取りながら動くのでかなりうるさい。家族の就寝後に実施することはほぼ不可能。 一方、ブラーバは拭き掃除だけなので、ゴミを吸い取ることが必要ないので動作音はかなり静か。

フローリングの家であれば、ルンバよりもブラーバのほうがいいかもしれない。 我が家のかどうはすでにブラーバのほうが多くなってきました。 ルンバももちろん使っていくけどね!!

プライムフォト

初めてのカメラを買ったのは大学時代。初めてデジタルカメラを触ったとき、撮った写真がすぐ見ることができることに興奮し、使うカメラも色々変わっていき気づけば20数年たってました。

途中全然撮影しないこともありましたが、20年も写真を撮っているとそれなりの枚数になってきました。

フィルムはスキャンしてデジタルデータとしているので容量もそれなりに。

とくにデジタルに移行してからは、撮影する枚数はかなり多くなってきました。

そこで問題はデータの保存。バックアップは定期的に行っているがめんどくさい。でもバックアップを怠っているときに限ってディスク(SSD)がお亡くなりになるのは世の常。

 

特にデジタルデータなのでなくなるときはEvery Thing!

そんなとき、Amazonプライムで魅力的なサービスを見つけた。

Prime Photo

www.amazon.co.jp

Amazonプライム会員なら、画像ファイルならば容量無制限・無圧縮で保存可能という大盤振る舞いなサービス。

しかもこのサービスはjpegだけでなくRawデータも保存できるのがポイント。

写真のバックアップを目的にするなら容量無制限・無圧縮というのはポイントが高い。

Amazon中毒になっている自分としてはぜひとも利用しないと、と使ってみることに。

まずはMacアプリをダウンロードする

アプリを起動するとAmazonアカウントでログインする画面が表示される。

ここで自分のアカウントでログインする

ログインすると、同期するフォルダを求められる。ここに格納した写真は全てクラウドに自動でアップロードされる

複数端末でプライムフォトを利用している場合、どのフォルダを同期するか求められる。自分の場合はiPhoneAndroid端末を利用しているがMacには同期したくないのでチェックを外す。

あとは自動でAmazonDriveの設定したフォルダの写真がバックアップされる。

私もそうですが、写真のフォルダは別にしてる人は、自分でアップロードするフォルダを個別に設定できることもできる。

まずはメニューバーからAmazonDriveのアイコンをクリックし、アップロードのボタンをクリック 

その後アップロードするフォルダを選択する。写真があるフォルダを選択

選択したフォルダにある写真がアップロードされる。アップロード状況は一覧で見ることができる。

アップロードした写真はブラウザで見ることができるが、検索機能が貧弱なので目的の写真を探すのはあまり使えない。と感じる。

最後に、使ってみた感想としては、アプリの利便性を考えると競合するGoogleフォトに比べて落ちると思う。

ただし、ファイルを無制限にアップロードできるのは大きなポイント。

バックアップ用途としてりようするならプライムフォトのほうがいいのでは。と思う。

利用目的にあわせて選択すればいいと思うけど、私はプライムフォトは利用していこうと思う。

プライム会員の年会費がいつ上がるのかにビクビクしている管理人でした。

 

 

 

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイトiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のために「Cookie」を使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

ELECOMのカメラバックが良かったのでインナーバックも買いました

ELECOMのカメラバックは先日のエントリーで紹介

kossie0o0.hatenablog.com

自分の印象が非常に良かったので、インナーバックも購入してみました。

普段使いでトートバッグを使っており、前々からインナーバッグを探していたけれど これだ!と思うものがなかった。 そんななか好印象だったoff tocoブランドで展開している本商品を導入することに。

外側の素材はリュックサックタイプと同じ撥水加工の記事。 コンセプトとして、インナーバックとしてだけでなく、単体での利用も想定しているため いかにもインナーバックというものでないのはよいところ。

収納は1つ仕切りがあるものシンプルな作り。 上部が開いているインナーバックが多いが、本商品はふたになっていて、そこに小物類を収納できるメッシュのポケットがある。

前述の通り単体で利用することを想定しているので、上部はふたになっている。 トートバックに利用するとき、インナーバックの上に荷物を置くこともできるのは良いところ(トートバックは底が深いのでね。。。)

取っ手(ハンドル)は簡易的な作りだけど単体で利用するのはあくまで非常用ということを考えれば十分。 使わないときは、しまって置けるのもいいところ。

公式ページでは、使わないときは畳めるのもポイントになっていたがそもそも何も入れない状態というのは考えにくいので これはおまけと言った感じ。

リックバック同様、派手さなないけれどお手軽な値段で購入できるバックとしては十分満足な商品。 これで普段使いのトートバックでもカメラを気軽に持ち運べるのが一番の収穫かな。