ガジェットとカメラとランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことをつらつらと書き連ねます

プライムフォト

初めてのカメラを買ったのは大学時代。初めてデジタルカメラを触ったとき、撮った写真がすぐ見ることができることに興奮し、使うカメラも色々変わっていき気づけば20数年たってました。

途中全然撮影しないこともありましたが、20年も写真を撮っているとそれなりの枚数になってきました。

フィルムはスキャンしてデジタルデータとしているので容量もそれなりに。

とくにデジタルに移行してからは、撮影する枚数はかなり多くなってきました。

そこで問題はデータの保存。バックアップは定期的に行っているがめんどくさい。でもバックアップを怠っているときに限ってディスク(SSD)がお亡くなりになるのは世の常。

 

特にデジタルデータなのでなくなるときはEvery Thing!

そんなとき、Amazonプライムで魅力的なサービスを見つけた。

Prime Photo

www.amazon.co.jp

Amazonプライム会員なら、画像ファイルならば容量無制限・無圧縮で保存可能という大盤振る舞いなサービス。

しかもこのサービスはjpegだけでなくRawデータも保存できるのがポイント。

写真のバックアップを目的にするなら容量無制限・無圧縮というのはポイントが高い。

Amazon中毒になっている自分としてはぜひとも利用しないと、と使ってみることに。

まずはMacアプリをダウンロードする

アプリを起動するとAmazonアカウントでログインする画面が表示される。

ここで自分のアカウントでログインする

ログインすると、同期するフォルダを求められる。ここに格納した写真は全てクラウドに自動でアップロードされる

複数端末でプライムフォトを利用している場合、どのフォルダを同期するか求められる。自分の場合はiPhoneAndroid端末を利用しているがMacには同期したくないのでチェックを外す。

あとは自動でAmazonDriveの設定したフォルダの写真がバックアップされる。

私もそうですが、写真のフォルダは別にしてる人は、自分でアップロードするフォルダを個別に設定できることもできる。

まずはメニューバーからAmazonDriveのアイコンをクリックし、アップロードのボタンをクリック 

その後アップロードするフォルダを選択する。写真があるフォルダを選択

選択したフォルダにある写真がアップロードされる。アップロード状況は一覧で見ることができる。

アップロードした写真はブラウザで見ることができるが、検索機能が貧弱なので目的の写真を探すのはあまり使えない。と感じる。

最後に、使ってみた感想としては、アプリの利便性を考えると競合するGoogleフォトに比べて落ちると思う。

ただし、ファイルを無制限にアップロードできるのは大きなポイント。

バックアップ用途としてりようするならプライムフォトのほうがいいのでは。と思う。

利用目的にあわせて選択すればいいと思うけど、私はプライムフォトは利用していこうと思う。

プライム会員の年会費がいつ上がるのかにビクビクしている管理人でした。

 

 

 

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイトiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のために「Cookie」を使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

ELECOMのカメラバックが良かったのでインナーバックも買いました

ELECOMのカメラバックは先日のエントリーで紹介

kossie0o0.hatenablog.com

自分の印象が非常に良かったので、インナーバックも購入してみました。

普段使いでトートバッグを使っており、前々からインナーバッグを探していたけれど これだ!と思うものがなかった。 そんななか好印象だったoff tocoブランドで展開している本商品を導入することに。

外側の素材はリュックサックタイプと同じ撥水加工の記事。 コンセプトとして、インナーバックとしてだけでなく、単体での利用も想定しているため いかにもインナーバックというものでないのはよいところ。

収納は1つ仕切りがあるものシンプルな作り。 上部が開いているインナーバックが多いが、本商品はふたになっていて、そこに小物類を収納できるメッシュのポケットがある。

前述の通り単体で利用することを想定しているので、上部はふたになっている。 トートバックに利用するとき、インナーバックの上に荷物を置くこともできるのは良いところ(トートバックは底が深いのでね。。。)

取っ手(ハンドル)は簡易的な作りだけど単体で利用するのはあくまで非常用ということを考えれば十分。 使わないときは、しまって置けるのもいいところ。

公式ページでは、使わないときは畳めるのもポイントになっていたがそもそも何も入れない状態というのは考えにくいので これはおまけと言った感じ。

リックバック同様、派手さなないけれどお手軽な値段で購入できるバックとしては十分満足な商品。 これで普段使いのトートバックでもカメラを気軽に持ち運べるのが一番の収穫かな。

kindle FireにGooglePlayストアを入れてみる そしてdマガジンを読む

dマガジンと契約したので雑誌を見るためにどうしようか?というのを考えてみた。
以前はiPadなども利用していたが、持ち運ぶものを断舎離したため、現在はタブレットを利用しておらずiphone6s Plusを使っている。
いまはそれで特に不便はなかったが雑誌を読むためにはiphoneはちょっと小さい
だからといってしっかりとしたタブレットは利用しないだろうなぁ。と思っていたところKindle Fireで見れたらいいのでは? と思うところになった。 すこし調べてみたところ、大きくはrootを取るのと取らない方法の2つがあるようだ。 yoshi1966.hateblo.jp

rootを取るのはセキュリティ的に不安であったので、rootを取らない方法でやることとする。

  1. android端末から必要なパッケージを取得する
    Android端末からGoogle Playを利用するためのパッケージを取得する。
    ポイントはAndroid端末のバージョンが4系であること。私の場合はXperia Z1fがあったのでそれから取得した。
    パッケージを取得するために利用したのは、Titanium Backup

    play.google.com

    必要なパッケージは以下の4つ

  2. パッケージをオンラインストレージにアップロード 取得したパッケージをFireに入れるためには、オンラインドライブを用いる。AmazonなのでAmazon Cloud Driveを用いて実施。 Android端末からアップロードする。必要なのはAndroid端末にAmazon Cloud Driveをインストール。
    利用してアップロード

  3. 取得したパッケージをkindle Fireにダウンロードする Kindleで実施。
    設定 - セキュリティ - 不明ソースからのアプリをONにする。

  4. ダウンロードしたパッケージをインストールする Fireで実施。アップロードしたパッケージはホーム画面にある ドキュメント を選択する。
    CloudDriveを選択すると、先程アップロードしたファイルがあるので、ファイルを個別に選択するとインストールできる。
    インストールする順番は以下の通りに実施する。

    1. Googleアカウントマネージャー
    2. Google Play開発者サービス
    3. Googleサービスフレームワーク
    4. Google Playストア

インストールは思っていたより簡単だった。 インストール後の画面は以下のような感じ。Google Playが追加されている。

次にGoogleストアで dマガジン をインストール 初期設定等を行いアプリを起動 気になるのはタブレットモードでなくてスマートフォンモードになるところ プラス、お気に入りがiOSと共有できなかったりと不便なところがあるので普段使いしていくかは微妙だけど タブレット端末が一つ手に入ったのは使い勝手が良さそうだ。

結局Kindle Fireに入れたアプリは以下の通り
* dマガジン * Amazonアプリ(Music ビデオ Prime Photo) * Googleアプリ(Map Youtube Photo 翻訳 日本語入力)

AmazonGoogleに依存した体質になっているなぁ。

これでKindle Fireもいま以上に有効活用できそうだ!!

新しいカメラバッグの導入 ELECOMのリュックサック

新しいカメラバッグを検討。

要件は、会社への通勤中に写真を撮るための持ち運び用、本格的な撮影ではない。リュックが良い。カメラはレンズつけっぱなしのマイクロフォーサーズが一つ入ればいい

以上からいくつか探していたところ、以下のバッグを見つけた

 エレコムからこんなバッグが出ているのねーと思ったのが第一印象。 スペックとしては、2気室で利用できるのがポイント。使わないときは1気室にできて、カメラを入れる横からスライドでカメラを出せる。ポケットなどがごてごてしていない。

なによりコンパクトなサイズ感が良い。背中に背負うリュックサック型は記事が多いので重いし、かつ、大型になるとさらに重くなってしまうのでちょうどよいサイズ感がなかったけど、これはいい感じ。 通勤で使うのに良さそうなので購入してみた。

色はグレーをチョイス。 グレーの色も暗い色ではなく明るい色。プライベートに利用しても違和感はなさそう。 私の職場はビジネスマナーも厳しくない。色味もポップだけど品があり落ち着いているので、会社に持っていっても問題ないだろうと思う。

バッグ上部は2気室になっていて荷物を入れることができるスペースが有る。 横と高さは 単行本が横にしてちょうど入るサイズ。 メッシュの仕切りがあるので小物を分けて収納することもできる。 PCも12インチくらいまでなら入れることができるけど、あまり厚みのあるものだと取り出しにくそう。 私はChromebook Flipを入れている

上部への荷物は以下を入れている * 筆箱 * ほぼ日日記カズン * 単行本1冊 * Kindle Fire HD 8 * 財布 * メモ帳 * ウェットティッシュ

次にカメラ収納部分。仕切り付きでスライドしてカメラを出すことができる。 カメラを出すのは左右どちらからもできるのは良い点。 仕切りはマジックテープでカメラのサイズに合わせて調整することができる。 サイズは、E-M1に12-100mmをつけても収納することができる。 12-100mmは大型なので、ミラーレスで小さいレンズであればレンズを付けたカメラとレンズ一本入れることができそう

私は気分によって、dp2を入れている。

1気室にするのはマジックテープで止まっている仕切りを開放すればOK

この値段(3000円台)でこのクオリティであれば満足できるものかな。 これで通勤にも持ち運びすることができるぞ。

iphoneで写真を全力で撮る bitplay Snap7!

写真撮るのが好きな管理人です。

 

さて、日常に持ち歩くカメラをいつも悩んでいるところ。せっかく持ち運ぶなら画像がそれなりに撮りたい!!と思っている。でも一眼は大きいし思いし。。。と言った葛藤が続いていた。

しかし、ふとある時「iphoneきれいに写るんじゃね?」と思った。iOS10からはRAWで撮影することもできるようになった。

iphone-mania.jp

ただ、純正のカメラアプリだとできない。 もともと自分はLightroomのデスクトップ版を使うt前に月980円のAdobeCreative Cloudに入っていた。 Lightroom Mobileは外出先で写真の閲覧や現像ができていたが実際はあまり使っていなかった。 ただ、今回Raw撮影できることになったのでLightroom Mobileをもっと利用してみようと思っている。

さて、本題。 iphoneで本格的に写真を取ろうとすると気になるのは、シャッターの位置。ホールドが良くないので、気になるのは手振れ。 そこで、iphoneをカメラで利用できるケースがないかを物色した。

調べた中で一番いいと思ったのは、bitplayのSnap7!

kopek.jp

iphoneで撮影がどの程度快適になるのか試してみた。

さて、届いたのは以下。

 

秀逸なのが、親指を添えるサムグリップがある点。親指がふいに液晶に触れることがなくなるので写真撮影に寄与することができるというもの

サムグリップとグリップは着脱可能で、外すと普通のケースといえるくらいのものになるところも魅力的。

あとレンズを付けることもできる。iphoneで望遠を取ろうとは思わないけど、もう少し広角が欲しい!と思うところもあるのでケースがよかったらレンズも買ってみようと思う。

さてはて、iphoneカメラ化計画成功するだろうか!?

 

都会で静寂を BOSE Quiet comfort 20 購入

東京で生活しているとノイズが無い場所を得ることは難しい。

 

集中したいときなど静かな環境に身を置きたいと思うがそれはなかなか難しいところ。

そんなときにノイズキャンセリング機能のイヤホンやヘッドホンが欲しくなる。

ノイズキャンセリングも色々使ってきた。一番キャンセリング効果が高いと思ったのはBOSEのQuiet Comfort 2

※リンクは最新型

 

BOSEノイズキャンセリングは無音のときの「サー」というノイズが他のものよりも少ないと感じている。静寂がほしいと思っている自分にはまさに一番良いものだった。

ただ、2年位使っていたところイヤークッションがぼろぼろになってきて、一度交換したけど頭頂部のところに当たる部分は交換できず困っていたのと、夏は蒸れるのでしんどくなってから利用しなくなってしまった。

それからノイズキャンセリング機能のあるヘッドホン/イヤホンは使っていなかったけれど通勤時間が延びて電車に乗る時間が増えたのでまた購入しようと調べていた。

条件としては、ヘッドホン型は夏に蒸れるのでイヤホン型を今回はチョイス。

そうなると、BOSEのQuiet Comfortのイヤホン型かな、と。

 

 特色としては、ヘッドホンから続く圧倒的なノイズキャンセリング性能。

プラスして、iphone対応していることもポイント高し。

一方、電池ボックスが外出しているので取り回しは正直よくないのだけど、欲しい理由の一番であるノイズキャンセリング機能をとり本製品を購入することにした。

 まずは外観から。

イヤーパットが個人的には秀逸。

イヤーウィングとパッドがしっかりと耳に装着されるのでしっかりとホールドされるのが好印象。イヤーパッドの形は個人差があるので合わないものは合わないので他の人の意見だけでなく自分に合うかどうかで選ぶべきですね。

次に気になっていた電池ボックス。

実物を見ると思ったほど大きくはない。これであればプレーヤーと一緒に持つことで気にはならなそう。ケーブルが長いので、プレーヤーと電池ボックスは一緒にポケットに入れるのが良さそうだ。

iphoneの4極に対応しているので電話も可能

ノイズキャンセリングは超優秀

今回の一番のポイントであるノイズキャンセリングの性能はさすがのBOSEクオリティ。無音でもホワイトノイズはほとんどない。ノイズキャンセリングを音にした瞬間、外界の喧騒がスーッと消えていくのは気持ちよい。これで電車の中やカフェでも集中することができそうだ。

いい相棒ができた!これから使い倒していきたいと思う。